SHAPE&DECORATION(特設ページ) - h-collection|廣島晴弥

h-collection|廣島晴弥

SHAPE&DECORATION(特設ページ)

  

 

S&D_rogo.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHAPE&DECORATIONとは

 

 

形を造形する吹きガラス作家 加倉井秀昭、

光を装飾するカットガラス作家 廣島晴弥、

それぞれ二人の得意とする技法を用いて制作した作品を展示する企画展。

 

展覧会では個々の工房から普段使いの器や

企画展のために共同で制作した特別な作品も展示します。

 

 

   

 

 

 

s&d_dm.jpg  

     

 

 

exhibition

 

SHAPE & DECORATION vol.3

モノから生まれる
暮らしのイメージ

 

2022.6.25(sat) - 7.3(sun)                         

会津屋(東京)

 

 

 

 

 

※SHAPE&DECORATION vol.3 モノから生まれる暮らしのイメージ展は無事閉幕しました。予想以上に暑い中たくさんのご来場ありがとうございました。

 

 

 

    
column

コラム

 

  

モノから生まれる

暮らしのイメージ

SHAPE&DECORATION vol.3より

 

 

  

ふと、惹かれるモノに出会ったとき、どんな思いで手にとりますか。そのモノから浮かぶ「暮らしのイメージ」が思い描けるかどうか、が選ぶきっかけだとしたら。これがあると暮らしの幅が広がるかもしれないとワクワクしたり、自分自身を引き上げてくれる上質なものであったり、または手に取る度、使う度に嬉しいと感じることだったり。モノから受け取る暮らしのイメージは人様々。「とりあえず」で間に合わすことから「良質なもの」を日常に取り入れる。今回の展覧会ではそんなモノ選びのきっかけが見つかる展示を目指して企画しました。 

 

そこでインスタグラム特設アカウントでは展覧会までの期間、展覧会場店主 杉田幸一郎、加倉井秀昭、廣島晴弥、それぞれがモノから受けとった暮らしのイメージのコラムを持ち回りで連載します。これまでに印象に残っている物選び、今もそばにある思い出の品、きっかけをくれた出会いなど、自身が体験したことを紹介することで物から受け取るイメージを普段から意識し、それが展覧会で物に触れたいという興味へとつながれば幸いです。

 

また、会期が近づくにつれ展覧会が出来上がるまでの行程も順に公開します。会期中はそれぞれの作品にピックアップした物と暮らしのイメージを紹介していきます。

 

 

 

 

会津屋 店主

杉田幸一郎
 
 

第一回
心地よいマグカップ
 

 

第四回
shinoさんのチョーカー
 

 

第七回
アンティークのショーケース

 

第十回
ルーツ

 

第十三回 
無意識から意識へ

 

第十五回 
野菜のムリー二グラス

 

 

scratch&noise

加倉井秀昭
 
 

第二回
とおいむかし

 

第五回
ベネツィアングラスの  
ゴブレット

 

第八回
モーターサイクル

 

第十一回
ルアー

 

第十六回 
かなわないモノ

 

第十三回 
無意識から意識へ

 

 

h collection

廣島晴弥
 
 

第三回
始まりをくれた一冊
 

 

第六回
時代の流れとモノの寿命    
 

 

第九回
思いの詰まったノート

 

第十二回
憧れのロビーチェア

 

第十四回
手間を楽しむ道具たち

  

最終回 
日々向かい合う道具

 

 SHAPE&DECORATION
  insta_waku_1.jpg

 

 

 

 

artist
作家紹介

 

 

 

kakurai.jpg          

  
 
 
加倉井 秀昭 
Kakurai Hideaki
 
 

ベネチアングラスの技法を様々に組み合わせて
卓越した技術で作品を制作。
教育機関では講師として多くのワークショップを開催。 
他の作家の作品制作を技術的に請け負うギャファーとしても活動。
2015年には長野県諏訪にガラス工房「scratch&noise」を開設。

 

 

 

Scratch&Noise     insta_rogo.jpg

 

 

DSC_0803_0117.jpg

 

IMG_0597.jpg

 

 

 

 

 

 

hiroshima.jpg          

  
 
 

廣島 晴弥 

hiroshima haruya 

 
 
2004年よりh collectionとしてお酒周りの器を中心に制作開始。
バーウェアの生地に用途にあったデザインのカットを施す。
展覧会ではアンティーク、デッドストックのグラスにカットを施
した「リミテッドシリーズ」なども制作。
日常の中で寄り添える器を目指す。2017年、金沢に工房を開設。

 

   

 

h collectioninsta_rogo.jpg

 

DSC_9260.jpg

DSC_0492_0104.jpg

 

 

  

 

 works 
 作品紹介

 

 

 

DSC_1565_0442.JPG

DSC_1315_0443.JPG

DSC_1058_0130.JPG

  

DSC_3890_0296のコピー.JPG

 

DSC_1009-3.jpg

 

DSC_1075-3.jpg


  

  ※掲載している作品は過去の展覧会で出品したものです。

 

 

 

 

 

exhibition
展覧会歴

 

 

 

 アセット 173.jpg

                   


SHAPE&DECORATION
vol,2

形と装飾

 

2019.7.20(sat) - 28 (sun)

 

会津屋

東京都文京区小石川2-23-13

 

SHAPE
熱したやわらかなガラスから形を創り出す吹きガラス。
DECORATION  
光を刻み込むカットガラス。

技法の異なる二人のコラボレーション作品とソロ作品が並びます。

 

 

 

 

 

 

アセット 175.jpg

                  

SHAPE&DECORATION
vol,1

形と装飾

 

2018.7.12(thu) - 22 (sun)

 

GALERIE Noyau

石川県金沢市杉浦町24

 

形を造形する吹きガラス、
光の装飾をまとうカットガラス、
それぞれ得意とする技法を持つ二人による企画展。

個々の工房から普段使いの器をメインに
今回のために共同で制作したボトル、キャニスターなどの作品が並びます。

 

 
news 
 

2022.6.01     展覧会概要を更新しました。

2022.6.01     コラム 第十五回を更新しました。

2022.6.01     コラム 第十四回を更新しました。

2022.5.08     コラム 第十三回を更新しました。

2022.5.08     コラム 第十二回を更新しました。